男性

修理部品と延長保証

3つの給湯器

修理部品の保管期間

どんな機器でもいつかは故障してしまうもので、それは給湯器もその例外に漏れません。では、故障したとき交換した方がいいのでしょうか。それとも修理した方がいいのでしょうか。それは製品が製造された年月が重要なポイントとなり、10年以上前であった場合は交換した方がオススメです。なぜならば、法律で給湯器の修理部品の保有期間が最長で10年と定められているからです。つまり、10年以上前の製品であると修理しようとも修理部品がないケースもあります。仮に、そのときは修理できたとしても、また故障したとき直せる保証はありません。そのため、故障したとき交換か修理かを選択するとき給湯器が何年前のものかを知ることがとても重要なことです。

延長保証が選択のポイント

では、製造から10年以内で給湯器が故障したときは、修理が良いかというとそこは悩みどころです。多くの人々が基準にしているものに保証期間があります。ほとんどの場合はメーカー保証は1年か2年のどちらかです。ただし、そこに料金を払うことで延長保証できるところも多いです。延長保証の契約をすることで、5年・8年・10年と保証期間を延ばすことができます。(修理部品の保管期間が過ぎるため、10年以上はありません。)その期間中ならば、修理を無料でしてもらうことができ、せっかく保証期間を延ばしたのだから使わないのは損です。そのため、給湯器が交渉したとき交換するかどうかはこの延長保証を基準にすることもできるわけです。